名代☆日々是メキシコ(旧)
メキシコ狂によるラテンアメリカネタのブログ+チャリ道。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
TIJUANA Makes Me Happy! Nortecがラテングラミーに!
VIVA NORTEC COLLECTIVE!!! HAY BUENA ONDA DESDE TIJUANA!

20060928212722.png


メキシカン・エレクトロニック・ミュージック・シーンの代表格
Nortec Collective の『ティファナ・セッションズvol.3』が今年11月2日に行われる
ラテングラミーで2部門ノミネートされております。
なんとロック部門と、CDパッケージデザイン部門だと。

続きを読む »

スポンサーサイト
【2006/09/28 21:36】 MUSICA 音楽  | トラックバック(-) | コメント(0) |
魂をふるわすQuetzalの音楽
Quetzal,DavidGomez y Luis Rodriguez!!!!
20060927122321.png



最近、毎日チカーノ・ロック・グループ、ケッツアルの
"You Must Die"という曲を
繰り返し繰り返し聴いています。
いやもうマジで良い。
メキシコ伝統音楽ソン・ハローチョとソウル、ロック、フォークの見事な融合です。
アコースティックベースの曲で
ソン・ハローチョに使用される伝統楽器ハラーナのポロポロと
した隙間感のある音(ウクレレとギターの中間みたいな音なんですが)、
タリマ(木の台)の上でステップを踏んで、パーカッションを
叩くように踊るサパテアードのボトムにぐっとくるリズムが挿入され、
ヴォーカルのマーサの母性的でソウルフルな歌声が鮮やかに響きます。
切なくて強くて泣けます。
何か、この曲を聴くたびに気持ちがリセットされて、
気合いを入れ直せるのです。
なお、この曲が入っているニュー・アルバムがミュージック・キャンプより
10月に発売されますので、是非聴いてみてください。
※訂正 11月3日発売だそうです

そしてそして
ケッツアルが取材された
NHKテレビ・スペイン語講座の放映日がわかったので告知しときます。

NHK教育テレビ
10月5日 午後11:30~11:55

ケッツアルは元レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのザック・デ・ラ・ロチャや
オゾマトリのメンバーとともにファンダンゴ・シン・フロンティーラスという
メキシコの伝統音楽ソン・ハローチョのグループを結成し密かに演奏活動しています。
ソン・ハローチョの代表グループ、ソン・デ・マデーラのメンバーとも親交が深く、
アルバムのプロデュースも手がけています。
sondemadera.jpg


なおQuetzalは11月には来日公演を各地で行う予定だそうです!
これまた私が大好きなMontecarlo76のdGomez、
作家のLuis Rodoriguezまで来ちゃいます。
チカーノ文化や背景に興味がある方々には絶対に見逃せないイベントとなるでしょう。
千葉のワナビーズ主催のイベントの方は日程が決まっているみたい。
詳しい情報が決まり次第、こちらにもアップします。
1576870723.01._SS400_SCLZZZZZZZ_V1140212313_.jpg

BG5015.jpg

【2006/09/27 10:09】 MUSICA 音楽  | トラックバック(-) | コメント(3) |
Aqui tienes la fuerza de vivir! 生きるチカラ、ここにあり!
メキシコ・ドキュメンタリー映画際のことは
既にこのブログでも紹介済みですが、
今回ご縁があって、上映作品のなかの一本 
メキシコのバリオで圧倒的な支持を誇る長寿ロックバンド
エル・トリのリーダーのアレックス・ローラを追ったドキュメンタリー映画
『アレックス・ローラ/ロックに取り憑かれた男』
のパンフレット用の解説文を書かせていただきました。
ローラの落合の嫁のようなパーマヘアー、黒い革ジャンに
スリムなパンツ姿という出で立ちは時代錯誤の様で面食らいますが、
映画を観ているうちに、だんだんイカしてるように見えてきます。
とにかく歌詞に込められた反骨精神溢れるメッセージが素晴らしい。
最低と最高しかない都市メキシコシティで、
厳しいメキシコの現実を目の当たりにしてきた彼だからこそ
心に響く歌が書けるのだと思います。
「最低なことばっかり起ってるけど俺たちはクールだし、
この町で生きていくんだぜ!」という心意気。
観終わった後には、こいつ粋なオヤジだぜと惚れさせてしまうのです。
あの髪型真似しようかな(嘘です)。

20060927124715.png


他の作品も、まだ未見なのですがかなり面白そうです!!!
この映画祭の
「生きるチカラ、ここにあり!」
というシンプルなキャッチコピーですが、
まさにメキシコの魅力を的確にあらわしている言葉だと思います。
私がメキシコ、そしてラテンアメリカの人々に
強く惹き付けられるのは、
彼らが人生の楽しみ方を知っていて
不可能はないということを教えてくれるからです。
私は今まで、その力にどれだけ励まされたかわかりません。

だから、この映画祭に多くの人が訪れることを願っています。
ラテンアメリカの現状や文化を知ってもらい、
ポジティヴなパワーでアゲアゲになってもらいたいです。

ちなみに
この映画際の主催で、映画配給会社アクション代表の比嘉さんのブログ
中南米マガジンの金安編集長のブログには、めっちゃ励まされてます。
【2006/09/27 09:54】 CINE 映画 | トラックバック(-) | コメント(0) |
El Pueblo, El Barrio, La explotacion,etc...世の中の矛盾について
Una contradiccion...ya basta..tu estas en un lugar segro,pero siemple hablando los mensajes sobre el barrio,el pueblo,el Globerismo etc...ya no les diga mentira! todos modos ahora que estas haciendo? no nesecitan barata propaganda!

本日、いつも大変(変態)お世話になっている、
みーみー先輩の会社を訪れた時のこと、
とあるクルマ系の某フリーペーパーを見ながら、
「本当に世の中にはチカーノ文化を勘違いしている奴が多い」
という話になったのが、
(いつもだいたい、こういうチカーノ話になると、私は「ああ、そっすか、へえ」
という気の利かない相づちしか出来ないんだよね。ぶっちゃけ全て理解してないし)
そこから派生して
「安全な場所に居るくせに、ゲットースタイルを売り物に利用
にする奴は、ろくなもんじゃない」という話になった。
これには大いに同意。
だから例えば安全な立場に居ながらゲットーのスタイルを金儲けに使う奴とか、
自分の権威のために偉そうにバリオについて語る奴とか、
ネオ・リベラリズムやグローバリゼーション批判をしといて
実際にEL PUEBROに対して何もコミットしていない奴とかのはなし。
まあ、貧しい立場のひとを利用して搾取しているようなもんですよ。マジで。

でも、もしかしたら自分も知らず知らずのうちに
そういうことをしているのではないかと気になってしまう。
私はラテンアメリカのアンダーグラウンド文化が大好物で、
色んな場所に紹介しているわけだが、
これって、本当に世の役にたっているのだろうかとか、
もっと細かく言えば
悪名高き企業GAPのトレーナーを持っていることは
搾取に加担していることと同じなんじゃないかとか...
じゃあ他の衣料メーカーは、果たして完璧なのかっていったら疑わしいし、
気になったらきりがない。
っていうか、どんな服着ればいいのよ!
う~ん、手織りで生地から作る?
おいおい、鶴の恩返しかよ!!!

まあ、ミクロな脳みそで考えた結果、
矛盾について考え続けることが重要で、その葛藤がなくなったとき、
私は本当に搾取する側の人間になるんだろうなぁ、
なんて思ったりしたわけだ。
どーなんでしょ。
【2006/09/26 12:16】 ¿Qué pasa ?気になるニュース  | トラックバック(-) | コメント(0) |
Desde Borinquen!! プエルトリコからマイアミ、セクシーな音
alternate_invention_web.jpg


ちょお~~~~~忙しい(はず)なのにブログの更新を始めたら止まらない、
走り出したら止まらない、やめられない止まらない、矛盾だらけの俺様DEATH!
最近このブログがどんどん固くなってきているような気がして
ちょっとフレンドリーに文体を崩していこうと(崩壊とも言う)
思ってるんすけど、駄目ですか?
こんなボヤキ系(ポエトリーリーディングというよりはツブヤキ)ブログでも
意外に読んでもらっているようなので、面白いネタを提供せねばと思っておるのですが、
最近書いている記事が、どうも堅苦しい気がしてきました。
友人からは「何言ってるか、ようわからんよ、お前のブログ!」と言われてしまうし。
なんか全くモテなさそうだし!(切実)
ところで最近私がラテン系のヒップホップを推していることはご存知でしょうか?
どうせ、お前の推すもんはマニアックなんだろうと
おっしゃる貴方!にも、おすすめのタイトルが11月4日にリリースされます。
Seven Star というアーティストの『ALTERNATE INVENTION 』というアルバムです。
まあ、ラテンちゅーてもマイアミ在住のプエルトリカンMCで、リリックは
ほぼ英語なんですが。
はっきり言って甘くエロい音。
でもレゲトンじゃないですから!
エロちゅーてもレゲトンの下ネタ系じゃなくて"色香"ですわ。
確かにカリブ海は、いまだにレゲトン主流みたいだけど
マイアミやプエルトリコのミュージシャンがレゲトンばっかりやってる
わけじゃなくて、水面下では良質な
アンダーグラウンド・シーンが育まれているわけですわ。

このSeven Star、ジャジーで流れる様な旋律の中に
ところどころ感じ取れるラテン汁が私の心を掴みます。
故郷プエルトリコへの想いを込めて歌った曲などもあり、
色々と考えさせられますよ。

そんでもってAOR、フュージョンなどを通過してきた、
ちょいワルなオヤジを目指す方にも、夜のドライヴのBGMなどに
おすすめしときます。ああ、"ドライヴのBGM”なんて、最も
陳腐な表現をしてシマッタアアアア!!!ライター失格じゃん!
でもでもマジな話、エロくてお洒落な音なので、車の中でかけたら
若い女子に「あれ◯◯さんてヒップホップもきくんですね~ふふふ」
なんて言われちゃったりして意外な一面も出せるし、
とってもメロウで聴きやすいので、ムーディな夜の演出としてピッタリ
・・・・って書いててチョー虚しくなってきた。
あああ俺は何やっとるんじゃ!!!!
人のデートのシュミレーションまでしてBGMの心配してる場合じゃないんじゃ!!!
まあ、とにかく、私は気に入っているので、発売元のRL66さんの
サイトでチェックしてみてください。試聴できますんで。
【2006/09/24 16:43】 MUSICA 音楽  | トラックバック(-) | コメント(2) |
Adelante Latino....

Los nuevos titulos discos Mexicano y Latinoamericana underground HIPHOP!!!!!

私がライナーを書いたラテン・ヒップホップの強力盤2タイトルのCDが
今週末発売になります!以下発売元のミュージック・キャンプのHPより転載。

BG5040S1.jpg

オムニバス『セクトール・ルーシド・プレセンタ....プログレッソ・ヒップホップ』
V.A.” Sector L?cido presenta Progreso HIP HOP"
メキシコ、キューバ&アルゼンチン、USA、ブラジルなどからアンダーグラウンド・ヒップホップ・クルーを集めた記念碑的コンピ盤。タンゴ、ジャズ、アフロ・キューバンをネタにしたORGANIC&GROOVY&EXOTICなサウンドが超かっこいい!ラテン・アメリカの現状も伝える熱き一枚。
BG5041S1.jpg

ボカフロハ『ア・ティトゥロ・ペルソナル』
BOCAFLOJA “A titulo personal”
メキシカン・アンダーグラウンド・ヒップホップの最右翼、そして上のアルバムのまとめ役でもあるボカフロハ。ジャズを中心にしたサンプリング・サウンドと低音美声でライムをたたみかけるクールな社会派アジテイター。

ちなみに、このアルバムに収録されている"TIEMPO"のプロモーション・クリップはこちら。

渋いです!


ボカフロハのセカンド・アルバムもカッコいいです!好評発売中なので、よろしく!

詳しいお問い合わせは発売元のミュージック・キャンプまで

是非聴いてください!
この2枚のCDを聴いたらラテン・アメリカのアンダーグラウンド・シーンが
前進していることが痛い程よくわかります。
彼らは奪われ続けるだけの可哀想な人々ではない!
既に前に向っている!
彼らラテンアメリカの人々が本当に必要としているのは
見せかけだけの安っぽいプロパガンダではなく
具体的に行動を共にすることや支援だと思います。
私はラテンアメリカの、まだまだ知られていない優れたアーティストを
きちんと紹介し、彼らが伝えようとしているリアルなメッセージが
多くのひとに届くように、少しずつ、やれることからやって行きたいと思っています。

【2006/09/20 18:13】 MUSICA 音楽  | トラックバック(-) | コメント(0) |
メキシコ独立記念日の夜に
la lucha sigue

鍼灸師であり、かつて左派の活動にも関わっていたメキシコ人
サロモン・ガルシア・ヒメネス氏の講演会「2006年メキシコ民衆の声を聴く」に行った。
ヒメネス氏はゲレーロ州の貧しい農村出身で、17人兄弟の13番目として生まれ、
医療を通して東洋医学に興味を持ち、現在メキシコ各地の先住民系の村などを訪れ、
村民に鍼灸の技術を教える活動をしているそうだ。

私は普段こういう講演会には殆ど参加しないのだが、
大統領選後の混乱状態のメキシコのリアルな状況を、
実際に現地に住んでいるメキシコ人の言葉で聴きたかったので足を運んだ。


続きを読む »

【2006/09/16 17:23】 ¿Qué pasa ?気になるニュース  | トラックバック(-) | コメント(1) |
メキシコ・ドキュメンタリー映画際 追加情報
公式ホームページ
が出来た様なので追加情報掲載します。
既に試写を見ている方からの情報だと
フリーダ・カーロ好きには「ムーシェス」という作品がマストらしい。
音楽もので、el triのリーダーを追った「アレックス・ロラ」と「
ホセ・アルフレッド・ヒメネス」なども面白かったようです。
今からすごく楽しみです!!!
【2006/09/14 08:59】 CINE 映画 | トラックバック(-) | コメント(0) |
旅と移民をテーマにしたCD-Book『AREPA8 』発売中!
Arepa8_cover_previewweb.jpg


みなさんお元気ですか?
私はいたって元気ですが、
なんだかバタバタしているうちに日々が過ぎております。

以前お知らせしたとおり、このたび私が参加した"旅と移民"をテーマにした
CD-Book『Arepa8』が9月9日に発売されましたので、再度お知らせします!
私は「日本人の視点から見たラテンアメリカ」というテーマで、
メキシコ、キューバ、マイアミの旅行記を日本語とスペイン語で執筆し、
写真を提供しました。


商品はタワーレコード,HMV,ディスクユニオンのようなチェーン店系から
We nodワルシャワなどのコアなレコード店といった
全国のお店でも取り扱われますが(一応それぞれ通販も出来るようです)、もし、お店にない場合は
「何で置いてないのよぅ!」と、注文してみてください!
もしくは確実に入手したいという方は配給元のRL66さんに問い合わせしてみてください。
そして、この情報を興味のありそうなご友人やお知り合いの方に情報をお伝えいただけるとありがたいです。

こちらが、そのCD-Bookの情報のリンクになります。試聴もできます!


CD-Book『Arepa8』の発売元はマイアミのアンダーグラウンド・ヒップホップ、
エレクトロニカ、IDMのレーベル、Botanica del jibaro(Prefuse73が共同設立者
として始めたレーベルで、彼のデビュー作はここからリリースされています)を
運営するアート集団Beta Bodega Coalitionです。Beta Bodegaの主宰者である
La Mano Friaはデザイナー、ペインターでもあり
政治的な鋭いメッセージとグラフィティの要素を掛け合わせた特徴的な
アートワークで知られています。

La Mano Fria


Arepaz


Beta Bodega Coalition



詳しくはRL66さんのサイトでチェックしてください。


なお現在出ているbounce、riddim には既に情報が掲載され、
9月発売のソトコト、CDジャーナル、ラティーナ、remix、
インターナショナル・プレス スペイン語版、中南米マガジン、
10月発売のサウンド&レコーディング・マガジンにも
CD-Book『Arepa8』の情報が掲載されますので、そちらもあわせてご覧下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!


【2006/09/10 09:32】 CHAMBA 業務報告 | トラックバック(-) | コメント(3) |
08 | 2006/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
  • HIPHOP MEXICANO (17)
  • CHAMBA 業務報告 (81)
  • ANTRO クラブ,ライブハウス (7)
  • La vida en mexico 生活記 (85)
  • VIAJE 1 メキシコ旅 (13)
  • 日本でラテンを感じる (20)
  • ¿Qué pasa ?気になるニュース  (36)
  • MUSICA 音楽  (61)
  • CINE 映画 (27)
  • REVEN イベント (73)
  • Mexicañol メキシコ語 (3)
  • COMIDA 食 (11)
  • MODA 服 (5)
  • Otro lado de México 番外地 (15)
  • POSADA 宿 (2)
  • BICI チャリ道  (8)
  • PROFILE プロフィール (1)
  • REVISTA LIBRO 雑誌,本 (2)
  • VIAJE 2 中南米旅 (5)
  • TIENDA お店 (8)
  • CULTURA 文化全般 (12)
  • TEATRO 演劇 (1)
  • VIAJE3 ultimo mundo (1)
  • TEPITO (7)
  • PROFILE
    chola
  • 作:chola
  • ラテン狂による日本でラテンを感じるためのブログ。
    ラテンアメリカすきま文化ライター
    メキシコシティのへそに在住中。
    追記)このブログはもう更新していないので、コメントをいただいても返事ができないのをご了承ください。

    2010年からの新ブログはこちら
    辺境のファンダンゴ
    http://mihonagaya.blog2.fc2.com
    2009年よりオールアバウトのメキシコガイドもやっています
    http://allabout.co.jp/gm/gt/388/
  • RSS
  • LINKS
  • All About México
  • BARRIO GOLD BLOG
  • Coleccion Chocolatina
  • El Documentalista
  • FREE STYLE
  • HAL2003
  • Junkadelic
  • LATINA BLOG
  • MUSIC CAMP,Inc.
  • PAD
  • PANCHITA
  • RADIOCHANGO JAPAN
  • SEIKO From HABANA
  • Textiles en México
  • Trensa
  • WAKABAYASHI HIDEKAZU
  • 過去のへたれ旅行記
  • けーじろうさんの日記
  • さる屋
  • 空箱
  • やわらかいじかん
  • ヨーデル博士の日記
  • ラテン!ラテン!ラテン!
  • RECENT ENTRIES
  • ブログ引っ越しのお知らせ(04/16)
  • 国際コンテンポラリージュエリー会議『GRAY AREA』(04/16)
  • RadioChango.jpにMaldita vecindadのバイオ掲載!(04/13)
  • Maldita vecindadとLos aguas aguasのCD販売店リスト(04/13)
  • ボンバ・エステーレオのメキシコ・ライブ・レポ(04/08)
  • RECENT COMMENTS
  • かんりにん(04/02)
  • babylion(04/02)
  • かんりにん(03/29)
  • hongkong67(03/29)
  • かんりにん(03/23)
  • GDL在住(03/22)
  • GDL在住(03/22)
  • ARCHIVES
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (11)
  • 2010年02月 (10)
  • 2010年01月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (14)
  • 2009年08月 (3)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (12)
  • 2009年03月 (14)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (8)
  • 2008年12月 (19)
  • 2008年11月 (12)
  • 2008年10月 (10)
  • 2008年09月 (14)
  • 2008年08月 (17)
  • 2008年07月 (9)
  • 2008年06月 (16)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (9)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (12)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (8)
  • 2007年11月 (19)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (6)
  • 2007年07月 (7)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (10)
  • 2007年04月 (9)
  • 2007年03月 (14)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (9)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (3)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (1)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (5)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (5)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (3)
  • 2004年10月 (6)
  • 1972年03月 (1)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。