名代☆日々是メキシコ(旧)
メキシコ狂によるラテンアメリカネタのブログ+チャリ道。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オマール・ソーサ、驚愕の異次元ファンク
20050922112600.png

オマール・ソーサは以前勤めていた会社で、
CDを扱っていたのがきっかけで音を聴いたアーティスト。
今年も横浜のモーションブルーで公演するってんで、
その会社のボスである「みーみー」氏に頼まれて、
OMAR SOSA(p) TRIO featuring MARQUE GILMORE(ds), CHILDO TOMAS(b)
オマール・ソーサ・トリオ・フィーチャリング・マーク・ギルモア、チルド・トマス
のライヴビデオ撮影を引き受けた。
PA、照明ブースのある会場上部が指定された撮影ポジションだったので、
他のスタッフの邪魔にならないように気をつけた。

いや、ライヴ凄かった。
昨年も同会場での公演を観たのだが、
その時より数段いい。オマールのような個性の強いアーティストだと、
共演するアーティストが噛み合ないとキツいものがあるんだが、
今年のトリオのバランスは最高に良かった。
オマールは相変わらず、サンテリアぽい衣装を着てピアノの上には
赤いろうそくを設置。ピアノを祭壇に見立てているかのよう。
今回は音が出るオモチャ類が幾つか置いてある。
エフェクターを駆使して様々な音色を調合し、強烈にトリップできる音を叩きだす。
それはユーモラスであったり、幻惑的あったりする。
ピアノの傍らにはフェンダーローズがあり、ピアノと交互に弾かれるのだが、
ローズの妖しい音と叙情的であり、鋭さもあるピアノの音が入り混じる。
すげええええ!!!頭の中ミキサーでかき回されてるみたいだ。
濃密すぎて一音も聞き逃してはなるものかと耳を凝らす。
そして、実験と格闘の果てに時おりハッとするような繊細で優美な旋律が
耳に飛び込んでくる瞬間がある。思わず鳥肌。
ファインダー越しで演奏を観るのが、もどかしくなった。
特に、ピアノの弦のうえに、チャスチャス(アルパカの爪で出来たパーカッション)
のようなもの(確認出来ず)を置き、即席プリペアードピアノ風に音色を
変えて演奏してしまう小技にグッときたね。
真横に居た照明スタッフの女の子がオマールにスポットを照射しながら
「すごい!すごすぎる!」と興奮していたのが微笑ましかった。

共演のチルド・トマスのミルトン・ナシメントを彷彿とさせる、のびやかな声が
美しかったなあ。彼のぶっといベースとドラマーのマーク・ギルモアのプレイが
ファンク色を際立たせていて、格好良かったわ~~。
本日からのブルーノート東京(青山)での公演はジェームス・ブラウン・バンドに
居たサックス奏者ピー・ウィー・エリスと競演するわけだが、
さらにファンキーなステージになりそうで、楽しみ!!

2005年 9/22~9/25 ブルーノート東京での公演

詳細は以下

オマール・ソーサ・カルテット
ウィズ・スペシャル・ゲスト・ピー・ウィー・エリス
オマール・ソーサ(ピアノ)、
ピー・ウィー・エリス(サックス)、
チルド・トマス(ベース)、
マーク・ギルモア(ドラムス)、
Omar Sosa(p),
Pee Wee Ellis(sax),
Childo Tomas(b),
Marque Gilmore(ds),

9/22(木)~9/25(日)
CHARGE:¥8,400(税込)
SHOWTIMES : 7:00P.M. & 9:30P.M.
※9/23(金)、9/25(日)のみSHOWTIMES:6:30P.M.&9:00P.M.
http://www.bluenote.co.jp/art/20050922.html





BG2014.jpg

今出てるremixアルバム、カッコいいよ。
↑『ムラートス リミックス』
ミュージックキャンプのHP

実はそのオマールを扱っている会社で働かなければ、
全然興味がないまま聴かずに終わっていたかもしれない。
俺はその会社で扱うようなラテンやチカーノが別に好きではなかったし、
もっぱら聴くのは南米ものと言ってもアルゼンチン・プログレや南米サイケ、
ちょっと変わったフォルクローレなど偏った音楽ばかりだった。
そんな嗜好の俺でもグッときてしまったのが、この2タイトル。

BG2004.jpg

↑『プリエートス~黒い神々の囁き』
ほとんどプログレ。

BG2006.jpg

↑『センティール』
現代音楽の境地です。

それで、キューバのミュージシャンにもこんな人が居るんだ!と驚いたわけだ。
オマールを聴かなければラテン文化にも興味が湧かなかったかもしれない。
それくらい、俺にとっては重要なアーティストなのだ。
数年前、お台場のメディアージュのなかにTLGという
ホイチョイ系(東京いい店ヤレる店系)でハートカクテル(by わたせせいぞう)
的なハコがあったのだが、そこで行われたオマールのライヴをみて
決定的にハマってしまったわけだ。
TLGが閉店したあとは、ブルーノートでの公演を毎年のように行っているのだが、
ライヴごとに毎回印象が違う。
ライブで感動するってことが、あんまりない俺だけど、彼だけは別。
オマールの音楽ってCDに収まりきれないものなんだよ。

進化し続けるオマール・ソーサの来日公演はマジで見逃せないよ!!!

【2005/09/22 10:41】 MUSICA 音楽  | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<オマール・ソーサ、そしてAKWID!!!!!!!! | ホーム | STATIC DISCOSのメキシコ限定発売CDがラブラバに入荷!>>
コメント
初めまして。FRANKIE J聴きながらAKWIDに会いたくて検索してたどり着きました。情報満載のステキなBLOGですね。音楽大好きなので嬉しいです。またお邪魔させていただきます。

【2005/09/23 01:26】 URL | yuki #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://koderiinu.blog6.fc2.com/tb.php/116-4268e36f
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
  • HIPHOP MEXICANO (17)
  • CHAMBA 業務報告 (81)
  • ANTRO クラブ,ライブハウス (7)
  • La vida en mexico 生活記 (85)
  • VIAJE 1 メキシコ旅 (13)
  • 日本でラテンを感じる (20)
  • ¿Qué pasa ?気になるニュース  (36)
  • MUSICA 音楽  (61)
  • CINE 映画 (27)
  • REVEN イベント (73)
  • Mexicañol メキシコ語 (3)
  • COMIDA 食 (11)
  • MODA 服 (5)
  • Otro lado de México 番外地 (15)
  • POSADA 宿 (2)
  • BICI チャリ道  (8)
  • PROFILE プロフィール (1)
  • REVISTA LIBRO 雑誌,本 (2)
  • VIAJE 2 中南米旅 (5)
  • TIENDA お店 (8)
  • CULTURA 文化全般 (12)
  • TEATRO 演劇 (1)
  • VIAJE3 ultimo mundo (1)
  • TEPITO (7)
  • PROFILE
    chola
  • 作:chola
  • ラテン狂による日本でラテンを感じるためのブログ。
    ラテンアメリカすきま文化ライター
    メキシコシティのへそに在住中。
    追記)このブログはもう更新していないので、コメントをいただいても返事ができないのをご了承ください。

    2010年からの新ブログはこちら
    辺境のファンダンゴ
    http://mihonagaya.blog2.fc2.com
    2009年よりオールアバウトのメキシコガイドもやっています
    http://allabout.co.jp/gm/gt/388/
  • RSS
  • LINKS
  • All About México
  • BARRIO GOLD BLOG
  • Coleccion Chocolatina
  • El Documentalista
  • FREE STYLE
  • HAL2003
  • Junkadelic
  • LATINA BLOG
  • MUSIC CAMP,Inc.
  • PAD
  • PANCHITA
  • RADIOCHANGO JAPAN
  • SEIKO From HABANA
  • Textiles en México
  • Trensa
  • WAKABAYASHI HIDEKAZU
  • 過去のへたれ旅行記
  • けーじろうさんの日記
  • さる屋
  • 空箱
  • やわらかいじかん
  • ヨーデル博士の日記
  • ラテン!ラテン!ラテン!
  • RECENT ENTRIES
  • ブログ引っ越しのお知らせ(04/16)
  • 国際コンテンポラリージュエリー会議『GRAY AREA』(04/16)
  • RadioChango.jpにMaldita vecindadのバイオ掲載!(04/13)
  • Maldita vecindadとLos aguas aguasのCD販売店リスト(04/13)
  • ボンバ・エステーレオのメキシコ・ライブ・レポ(04/08)
  • RECENT COMMENTS
  • かんりにん(04/02)
  • babylion(04/02)
  • かんりにん(03/29)
  • hongkong67(03/29)
  • かんりにん(03/23)
  • GDL在住(03/22)
  • GDL在住(03/22)
  • ARCHIVES
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (11)
  • 2010年02月 (10)
  • 2010年01月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (14)
  • 2009年08月 (3)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (12)
  • 2009年03月 (14)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (8)
  • 2008年12月 (19)
  • 2008年11月 (12)
  • 2008年10月 (10)
  • 2008年09月 (14)
  • 2008年08月 (17)
  • 2008年07月 (9)
  • 2008年06月 (16)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (9)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (12)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (8)
  • 2007年11月 (19)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (6)
  • 2007年07月 (7)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (10)
  • 2007年04月 (9)
  • 2007年03月 (14)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (9)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (3)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (1)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (5)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (5)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (3)
  • 2004年10月 (6)
  • 1972年03月 (1)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。