名代☆日々是メキシコ(旧)
メキシコ狂によるラテンアメリカネタのブログ+チャリ道。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日系移民記念日とルアウの想い出
1908年6月18日、日本人791人を乗せた「笠戸丸」がブラジルのサントスに入港。
初の日系ブラジル人が誕生した。
そんな「移民記念日」を祝って、6月18日の深夜に江ノ島のカフェで
日系ブラジル人と日本人の交流イヴェント
〈フェスタ・ド・ブラジル・エン・湘南2005〉が行われた。
主催はBanca 編集部。ブラジル音楽の会社で働いているクセに
普段ブラジルのイベントに殆ど顔を出さない私ですが、
このイヴェントだけは楽しみにしてました!
今回は第2回目で、昨年行ったときに、すごく楽しかったので行ってみたのだ。
深夜2時過ぎに着いたので(来るの遅すぎ!と友人や知人からはブーイングの嵐)
多くの観客が帰ってしまった後だったが、今回もかなり盛り上がったみたい。
ちょうどユル~イ感じでアシェーバンドのライブをやってた。
神奈川県はこういった外国人との交流イヴェントが盛んなので面白い。
東京からこっち方面に引っ越してきて本当に良かったと思っている。

ボサノヴァやMPBを積極的に聴いていた20代の頃は、
こういうイヴェントに参加しようとは思わなかった。
日本人が好むブラジル音楽と、現地で実際に流行っている音楽は随分異なる。
ブラジルじゃ日本で定番化されているボサノヴァなんて過去の音楽だ。
大衆の中で流行ってるのはポップなアシェーやフォホー、セルタネージャ、
あとはアメリカの産業音楽とか。
私も以前はブラジルの大衆音楽を「だっせぇ~!」と思っていて
全く受け付けることができなかったのだが、
洋服屋やらカフェでかかっているようなお洒落(というのか?)
ブラジル音楽が聴けなくなってしまった今は、イナタい音楽のほうが好きだ。
なんつーの?ほらサ、自分に不似合いなオサレな音楽かかってると、
何か、こそばゆくなるじゃん!
むしろ商店街のギャル系洋服屋でかかってるレゲトンのほうが
グッと、きちゃうんだよね・・・・。
(え~、話がそれました)
そして、リアルなブラジル気分を手軽に日本で味わえるのが、
私の故郷、静岡県浜松市の中田島砂丘で毎年行われている
大規模なビーチパーティ=LUAU
平たく言えばブラジル版 野外レイヴですね。
ちょっと前には(何年に開催されたか失念しました!)
浜松の地元住民とブラジル人の交流を目的とした
演劇やアートも絡めた大規模なフェスティバル形式で行われ、
来場者のなかではラモス瑠偉氏の姿もあったそうだ。
新聞でも大きく取り上げられていたが、
思ったほど地元住民が来場しなかったという話も聞いた。

私は昨年(2004年)の夏、初めてルアウを体験した。
そのときは東京からも友達を連れていったんだよな。
ブラジル人コミュニティでしか情報は流れていないので、
詳しいことはブラジル人が経営するスーパーやレストランの掲示板のチラシか、
口コミ情報で確認するしかない。幸い地元に、はとこのSちゃんが居るので
私たちが行く直前にブラジル・スーパーで本当にルアウが開催されるか
調べてもらったのだが、間違いなく開催されるとのこと。
ブラジル系イヴェントのドタキャン率は70%なので入念なチェックが必要だ。
一応HPもあるけど、大まかな情報しか掲載されていない。
車でしか行けないような場所でやっているのは知っていたが、
当日は、そのへんを歩いていたブラジル人をひっつかまえ細かい場所を確認した。
なんと、ちゃんと駐車場もあるらしい。件の場所に行き、
30分くらい待って、ようやく駐車場のゲートが開き、入ってみると
ものすごいだだっ広かった。車を誘導するスタッフも何十人もいるようで、
万全の体勢をとろうと努力しているのが見受けられた。
駐車場代は500円。車を無事に停めてビーチへの道をチンタラ歩く。
おや?どうも見覚えのある場所だなと思ったら、
私が高校時代に授業をサボって来ていた浜辺じゃないか!
そうこうしていると、検問所のようなテントが出現。
そこで1000円の入場料を払ったあと、
砂山をよじ登って浜のほうへ行くと・・・・

20050621015259.jpg

砂浜の上に月がぽっかり浮かんで素敵。

P7240604.jpg

P7240607.jpg

まだ時間は9時くらいで、人影もまばらだ。

会場に着いたとき、ちょうどレゲエのシダーヂ・ネグラをDJがスピンしていて、気分が盛り上がってきた。
その他にかかる音楽はバイリ・ファンキ、サンバ、アシェー、フォホー、
ヒップホップ、R&B、ロック・・・と、老若男女が楽しめる選曲だ。
ブラジル軽食や水着にビーチサンダル、洋服を扱う屋台が多く出店して、
店を冷やかすのも楽しい。
ステージではバンド演奏も楽しめる(超ユルユルなロックですが)。
ここは、静岡県なのに日本語がまったく通じない。
まるで異国に紛れ込んだような世界だ。すっかりパワー全開になった私は、
ショッピ(生ビール)やカイピリーニャ(カクテル)をガンガン呑み、
リングイッサ(ソーセージ)をほおばり、酔いがまわってきた。
ブラジル人たちにまじってフンド・ヂ・キンタウのサンバにあわせて
いい気分で踊るも、近くに居たオバちゃんにダメ出しをされる。
サンバのステップ指導を受けるが、なかなかハードで難しい!

20050621015344.jpg


砂に足をとられながら、必死で踊り続けた。
深夜近くになると、どっから人がきてんだ?
っていうくらいたくさんの人人人で砂浜が埋め尽くされた。
数千人は確実にいるだろう。
そのほとんどがブラジル人で、日本人の姿は見かけない。
しかもみんな露出度高い!男子は上半身裸で、鍛えた肉体にタトゥーを入れ、
女子もベアトップに超ミニスカで、スタイルがむちゃくちゃイイ!

踊り疲れていたので地べたに座り込み、
近くに座っていた人達としばらく話した。

以下、そのときに出会った日系ブラジル人の
山本さんと山田さんと俺様の会話。
山田さんは如何にもヨーロッパ系のブラジル人ってかんじ。

山田さん「僕って何人に見える?おばあちゃんが日本人だけど、
あとはスペイン系ポルトガル系とか、もういろんな血が混じりすぎて、
よくわかんないんだけど、それがブラジルって国だからね。
ここに集まっている人たちは、見た目だとわからないかもしれないけど
みんな日本人の血がはいっているんだよ」

それに対して現在41歳の山本さんは日本人ぽい。
しかも実年齢よりも、かなり上に見える。
プライベートなことなので、ここでは具体的に書けないが、
波瀾万丈な人生を送ってきたと言う。

山本さん「僕は見た目がこんなだからから、最初は日本人だと思われるんだけど、
言葉が少ししか出来ないとわかると、すごく敬遠されてしまうんだ。
ブラジルに居た時は日本人だと言われ続け、
日本に来たら結局よそ者扱いで、自分のことが何人かわからなくなる。
だから君たちのような日本人が話しかけてくれたことは、とても嬉しいね」

山田さん「日本に住むブラジル人は、このイベントを、みんな楽しみにしているよ。
僕は今日のために車で宮崎県から車で来たんだよ

俺「ひょえ~~~~~!宮崎とは随分遠いね。大変だったんじゃないの?」

山田さん「昨夜は車に泊まったよ。せっかくここまで来たんだから、
今日は朝まで楽しむよ。この日を楽しむために働いてきたようなもんだしね」

山本さん「僕は今三重県に住んでいるんだ。ほら、僕の娘があっちで踊ってるよ。
彼女は浜松で働いているから1年ぶりの再会だ。このイヴェントは、
離ればなれに暮らしている家族や仲間と再会出来る、いい機会なんだよ。」

20050621015318.jpg



後で確認したところ、この時のルアウ来場者数は史上最多の一万人だったそう。
しかし、その後同海岸で行われる予定だったルアウは
地元住民からの道路渋滞などへのクレームにより中止となり、
ついに浜松の砂丘ではイベントが出来なくなってしまった。仕方なしに
隣の湖西市の海岸で行われたそうだ(その時の模様は雑誌エスクァイアの
ラテン特集号にも掲載された)。
湖西のルアウに行ったひとのブログを発見。

今年は静岡県内での開催も目処がたっておらず、
愛知県で行われる可能性も濃厚だとか。

浜松のブラジル人達が働く工場の付近には、
ポルトガル語の看板を掲げた店が多く、リトル・ブラジルのように
なっていて、地元民が住んでいるところとは隔てられている印象を受ける。
関東に住むブラジル人と異なり、地方のブラジル人が日本語を
なかなか覚えられないのは、ポルトガル語だけで十分生活が出来るからだろう。
それには、ブラジル人同士の結束の固さもあるかもしれないが。
実際ルアウで入場整理やってたほとんどのスタッフや屋台の店員は日本語が
全く通じなかったので、私は片言のスペイン語でなんとか対応した
(意外と通じるもんだ)。
悲しいことに地元住民とブラジル人達の溝は深い。

P7250632.jpg

↑ブラジル食品、雑貨を扱うスーパー・タカラ
(日系ブラジル人コミュニティのなかでは有名なスーパーのチェーン店)
ここで、ほとんどの日用品が入手可能、DVDやビデオレンタルショップも併設
されていて、手軽にブラジルのテレビで放映されている最新ノヴェーラの
ビデオも借りることが出来る。

※ルアウ問題については後日、追記を書きました。ご参照ください。






【2005/06/19 22:30】 日本でラテンを感じる | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<ブラジルではレゲトンではなく・・・ | ホーム | メキシコ・スタイルのスニーカー>>
コメント
はじめまして。大学生のたまきと申します。日系ブラジル人の問題を卒論で調べてるんですが、ルアウの主催者を存知ですか?もしご存知でしたら、教えていただきたいのですが。突然申し訳ありません。お時間がありましたら、宜しくお願いします。

【2006/01/06 21:48】 URL | たまき #-[ 編集]
たまきさん、どうも。ルアウの主催者は知りませんが、
この記事のなかにルアウのホームページのリンクを貼っておいたので、そのHPのなかの問い合わせ先に確認してみたらいかがでしょうか?
でも、ポルトガル語じゃないといけないかも・・・。

【2006/01/07 10:01】 URL | nagayamyamexico #-[ 編集]
返事、ありがとうございます!ルアウのホームページのことは知っていたんですが、ポルトガル語がちょっと分からなくて、もしかしたらポルトガル語をご存知かと思って伺ってみたんです♧辞書と格闘してみます。本当に、お騒がせしました!ありがとうございます*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥

【2006/01/11 14:56】 URL | たまき #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://koderiinu.blog6.fc2.com/tb.php/45-a680390c
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
  • HIPHOP MEXICANO (17)
  • CHAMBA 業務報告 (81)
  • ANTRO クラブ,ライブハウス (7)
  • La vida en mexico 生活記 (85)
  • VIAJE 1 メキシコ旅 (13)
  • 日本でラテンを感じる (20)
  • ¿Qué pasa ?気になるニュース  (36)
  • MUSICA 音楽  (61)
  • CINE 映画 (27)
  • REVEN イベント (73)
  • Mexicañol メキシコ語 (3)
  • COMIDA 食 (11)
  • MODA 服 (5)
  • Otro lado de México 番外地 (15)
  • POSADA 宿 (2)
  • BICI チャリ道  (8)
  • PROFILE プロフィール (1)
  • REVISTA LIBRO 雑誌,本 (2)
  • VIAJE 2 中南米旅 (5)
  • TIENDA お店 (8)
  • CULTURA 文化全般 (12)
  • TEATRO 演劇 (1)
  • VIAJE3 ultimo mundo (1)
  • TEPITO (7)
  • PROFILE
    chola
  • 作:chola
  • ラテン狂による日本でラテンを感じるためのブログ。
    ラテンアメリカすきま文化ライター
    メキシコシティのへそに在住中。
    追記)このブログはもう更新していないので、コメントをいただいても返事ができないのをご了承ください。

    2010年からの新ブログはこちら
    辺境のファンダンゴ
    http://mihonagaya.blog2.fc2.com
    2009年よりオールアバウトのメキシコガイドもやっています
    http://allabout.co.jp/gm/gt/388/
  • RSS
  • LINKS
  • All About México
  • BARRIO GOLD BLOG
  • Coleccion Chocolatina
  • El Documentalista
  • FREE STYLE
  • HAL2003
  • Junkadelic
  • LATINA BLOG
  • MUSIC CAMP,Inc.
  • PAD
  • PANCHITA
  • RADIOCHANGO JAPAN
  • SEIKO From HABANA
  • Textiles en México
  • Trensa
  • WAKABAYASHI HIDEKAZU
  • 過去のへたれ旅行記
  • けーじろうさんの日記
  • さる屋
  • 空箱
  • やわらかいじかん
  • ヨーデル博士の日記
  • ラテン!ラテン!ラテン!
  • RECENT ENTRIES
  • ブログ引っ越しのお知らせ(04/16)
  • 国際コンテンポラリージュエリー会議『GRAY AREA』(04/16)
  • RadioChango.jpにMaldita vecindadのバイオ掲載!(04/13)
  • Maldita vecindadとLos aguas aguasのCD販売店リスト(04/13)
  • ボンバ・エステーレオのメキシコ・ライブ・レポ(04/08)
  • RECENT COMMENTS
  • かんりにん(04/02)
  • babylion(04/02)
  • かんりにん(03/29)
  • hongkong67(03/29)
  • かんりにん(03/23)
  • GDL在住(03/22)
  • GDL在住(03/22)
  • ARCHIVES
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (11)
  • 2010年02月 (10)
  • 2010年01月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (14)
  • 2009年08月 (3)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (12)
  • 2009年03月 (14)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (8)
  • 2008年12月 (19)
  • 2008年11月 (12)
  • 2008年10月 (10)
  • 2008年09月 (14)
  • 2008年08月 (17)
  • 2008年07月 (9)
  • 2008年06月 (16)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (9)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (12)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (8)
  • 2007年11月 (19)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (6)
  • 2007年07月 (7)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (10)
  • 2007年04月 (9)
  • 2007年03月 (14)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (9)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (3)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (1)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (5)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (5)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (3)
  • 2004年10月 (6)
  • 1972年03月 (1)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。